株式会社マスナガ
MENU

BLOG / 商品紹介

【次亜塩素酸】事務所等の室内除菌をお考えの方に

2020年04月28日

ウイルス対策に事前の除菌を

 県内でも感染者が増加傾向にある新型コロナウイルス、お店や会社では普段から除菌をしておきたいですよね。室内を除菌するためには換気をするのが一番ですが、頻繁にはできませんしなにより面倒くさい。アルコールで除菌したくても、そのアルコールはどこに行っても売り切れが多くなかなか手に入りません。そんな方にハセッパー水がオススメです。

 

ハセッパー水とは?

 ハセッパー水は除菌効果が強い次亜塩素酸を主に含んだ液体です。

 次亜塩素酸は、皆さん最近テレビ等で聞いたことがあるかもしれません、〇°ナソニックさんで空気清浄機として売れているアレと同じ成分です。

 次亜塩素酸の除菌力はpH(ペーハー)値によって変わってきます。pH値が0~4.5の強い酸性の場合は塩素ガスが発生してしまうので危険です。逆にpH値が7に近い中性だと除菌力が極端に弱くなってしまいます。ハセッパー水はこのpH値を安定させることで、強い除菌力を維持しています。

塩素系ハイターとハセッパー水はどう違うの?

 塩素系ハイターも次亜塩素酸を含んだ液体で、同じく除菌効果があります。塩素系ハイターはpH値をアルカリ性に維持するために水酸化ナトリウムが含まれていますので、手で触るのは危険です。(手で触ったときのヌルヌルは皮膚が溶けている証拠です)塩素系ハイターを薄めたもので除菌してもいいですが必ず拭き取って下さい、ヌルヌルになります。

 

ハセッパー水の効果と弱点

 次亜塩素酸は、有機物と化学反応して除菌します。微量の塩素ガスが発生しますが、水に溶けますので人体に影響はありません。人間ももちろん有機物なので、皮膚に付けて直接除菌することはしないで下さい。ハイターのように漂白作用があるので手指のアルコール消毒のような使い方は推奨しません。

一般的な使い方は

  • 室内の空間洗浄としてスプレーする
  • 除菌したい対象に直接スプレーする
  • アンモニア等の臭いがするものに対して使う

除菌効果が強いハセッパー水ですが、安全性も下記の「動物安全性試験」によって確認されております。

【ハセッパー水の動物安全性試験結果】

誤って飲んだら?

単回経口投与毒性試験

異常なし

皮膚や目に入っても

大丈夫?

皮膚一時刺激性試験

刺激性なし

皮膚累積刺激性試験

刺激性なし

眼刺激性試験

刺激性なし

アレルギーはあるの?

感作性試験

感作性なし

細胞への影響は?

コロニー形成阻害試験

(細胞毒性試験)

問題はない程度

発ガン性はあるの?

復帰突然変異試験

(変異原性試験)

誘起する作用なし

 

 ハセッパー水の大きな弱点として、製造から時間が経てば経つほど次亜塩素酸の効果が薄くなってしまいます。次亜塩素酸の使用期限はざっくり製造日から3ヶ月程度です。スプレーに入っている状態は特に使用期限が短くなるのでご注意下さい。

 また、次亜塩素酸は紫外線や高温で分解してしまいます。原液は日光が当たらないできるだけ涼しい場所に保管して下さい。スプレー缶も光を通さないものをご利用下さい。

 

ハセッパー水の使用方法

 ハセッパー水はバッグインボックス(ダンボール梱包)で販売していることが多いです。受注生産品のため、1週間~10日間ほど掛かります。繰り返しになりますが、使用期限が短いので基本的に在庫をしていません。

使い方として、用途に合わせて薄めてご利用下さい。

  • 200ppm(原液):カビ退治、強めの消臭(吐しゃ物など)
  • 100ppm(2倍希釈):調理器具の除菌
  • 50ppm(4倍希釈):室内空間の除菌・消臭、その他

 

ハセッパー水をお求めの際は

マスナガではハセッパー水を1箱20Lのバッグインボックスで販売しております。

 お求めの際は、弊社加藤もしくは松本まで電話もしくはメール下さい。

TEL(096-370-5000)E-Mail(kato@msng.jp)

 スプレーは別売なので、空のスプレーを別途購入されてご使用ください。